マイルチャンピオンシップ(G1)予想

マイルチャンピオンシップ(G1)予想

こんにちは、みやっちです。

本日予想するレースは、

「マイルチャンピオンシップ(G1)」

になります。

マイルチャンピオンシップ

・2019年11月17日

・G1

・芝

・1600メートル

・京都競馬場

 

出馬表

出馬順 馬名 一言
ダノンキングリー

3歳世代の代表馬。前走アエロリットを筆頭に強豪を一蹴、当然の乗り替わりの不安材料はあるがここでも力上位か

グァンチャーレ 堅実なる古豪。春同条件のマイラーズカップ2着、G1安田記念4着と崩れていない、この枠を生かして先してうまく粘り困れば馬券圏内まで可能
マイスタイル

田中勝春久々のG1制覇なるか。前々走で重賞初制距離を短縮してきた前走も見せ場十分の内容でここも馬券圏内までであれば

レッドオルガ 隠れたDI産駒の秘兵器。東京コースに良績が集中している同馬だがこのレースと相性の良いディープ産駒と富士S好走馬で侮れない
インディチャンプ 春秋連覇を目指す春のマイル王。春アーモンドアイを撃破してG1初制覇、復帰戦となった前走も見どころ十分な内容でここに向けて不安なし
フィアーノロマーノ 今年春重賞初制覇。前々走連勝の勢いで重賞を制覇した同馬G1初挑戦となった前走大敗も元々良績のない左回りでのもので右回りに変わって善戦しても
ペルシアンナイト

復活期す一昨年の覇者。今年になり春まで大不振の走りを続けていたが前々走からブリンカー着用で内容良化、名手マーフィーを背に一発可

プリモシーン 春マイルG12着牝馬。末脚はここでも上位の同馬前走があまりにも案外の内容で牝馬だけに心配になるがビュイックがうまくこの馬のやる気を引き出せば
クリノガウディー

高配当を生み出す曲者。ここまで人気薄で好走してきている同馬前走このレース高相性の富士S好走で遠征のないここでは更なる前進が見込める要注意

10 アルアイン 春のG1馬仕事人ムーアを背に。春大阪杯を制しG12勝目を挙げた同馬前走大敗は外枠が響いたか、去年の2着馬がムーアを背に今年は1着を目指す
11 カテドラル NHKマイル3着の実績ある3歳馬。ここ2戦あまり見せ場のない内容が続いているが末脚確か、展開ハマれば見せ場ある
12 モズアスコット

去年のマイル王復活を期す。昨年一番人気に押された同馬ここのところ結果は芳しくないものの前走復調の兆しは見した。豪脚復活の時は近い

13 タイムトリップ 前走後方から見せ場ある脚を使った伏兵。前走そこそこの見せ場はあったもののこのメンバーではそもそも力不足で苦戦必至
14 ダノンプレミアム 4歳世代代表格。復帰後G2を圧巻の連勝安田記念は不運に見舞われたが前走アーモンドアイ相手に勝ちに行った内容で2着実力最上位で崩れないか
15 ダイアトニック 安定した末脚武器の最大の上がり馬。なんといっても前走のパフォーマンスが圧巻スミヨン連続騎乗で初挑戦のG1で一気に頂点へ
16 エメラルファイト

春にG2制覇相棒石川とともに。春G2制覇の後一頓挫あってのダービーは大敗も復帰戦はそこそこの内容厳しいだろうが全てが味方すれば大穴も

17

レイエンダ

成績安定せずも高いポテンシャル示す良血。オープンであっさり敗退したかと思うと重賞で好走といまいちつかめない同馬だがルメール鞍上であっと驚く好走も

くわっちの予想

◎ 14 ダノンプレミアム

前走惜しくも2着に敗れたが本命はマイルのこちらに見える。

春に同条件でマイラーズカップを勝利し、条件はそろっている。

2歳以来のG1勝利を目指す。

 

○ 7  ペルシアンナイト

本年は結果が出ていないが2年前に同レースを勝利し前年は2着と条件は絶好。

京都は過去3戦全て馬券内、マークも緩み進出は十分に可能だ。

単複どちらも狙い目だ。

 

▲ 1  ダノンキングリー

前走で天皇賞の3着に入ったアエロリットを完封したこの馬の能力は間違いないだろう。しかし、今年の3歳牡馬の結果を踏まえ割引。

カレンブラックヒル同様本番では複から掲示板か。

 

△ 5  インディチャンプ

今年の毎日王冠組は紐には入れておきたい。

△ 12 モズアスコット

今年の毎日王冠組は紐には入れておきたい。

 

総評

ペルシアンナイトからワイドの上位人気組に流す馬券で中穴を狙いたい。

ダノン2頭を絡めた3連単で勝負も妙味あり。

 

いしわたの予想

◎ 14 ダノンプレミアム

前走の天皇賞秋はこの馬とサートゥルナーリアだけがアーモンドアイを倒しにいく競馬をしていたその中で休養明けで2着に残った内容は強いの一言。

その後の調整も順調でこのメンバー中でははっきり言って一枚上の存在不利なく順調に直線に向ければ無様な競馬にはならないだろう。

 

○ 15 ダイアトニック

何といっても前走の末脚はすごかった。

スミヨンによって一段上の末脚を引き出されるパターンは先週のラッキーライラックも同様のパターンであり外枠も後ろから突っ込んでくるこの馬に関係なし。

大物食いに期待したい。

 

▲ 2  グァンチャーレ

前走はもう一列前で運んでいればまた結果は違っていたのではないだろうか。

春の内容からも内枠を利してダノンプレミアムの直後あたりで進めれば善戦可能。

ただでさえ人気しないタイプが前走の凡走で更に人気薄となれば積極的に狙わない手はない。

 

△ 1  ダノンキングリー

前走は出遅れながらもハッキリ強かった。しかし、乗り代わりと斤量増、更に人気を背負っての最内枠と意外と不安要素も多い。

実力的には当然買わないといけない馬だがとにかく紛れの多いレースだけに頭では買いづらい。

 

△ 9  クリノガウディー

元々、遠征ではあまり結果を残せない馬。

しかし、前走ではそこそこ善戦してきた。

充実してきた内容から遠征のないここでもう1つ前進が見込める乗りなれた藤岡騎手に戻って穴に期待したい。

 

総評

三連単

14→1→2

馬単

14→2

14→15

以上の馬券で勝負したい。

 

 

競馬カテゴリの最新記事