阪神大賞典(G2)予想

阪神大賞典(G2)予想

こんにちは、みやっちです。

今回、予想するレースは、

「阪神大賞典(G2)」

になります。

阪神大賞典

・2020年3月22日

・G2

・芝

・3000メートル

出馬表

出馬順 馬名
レノヴァール
メロディーレーン
ムイトオブリガード
トーセンカンビーナ
タイセイトレイル
メイショウテンゲン
ボスジラ
ドレッドノータス
キセキ
10 ユーキャンスマイル

くわっちの予想

◎  9 キセキ

安定した走りを見せる同馬は今回も問題なく走るだろう。

去年は中長距離をこなし走ったものの海外遠征もあり、未勝利に終わった為今年はまずG2で勝ち星をあげたいところ。

外枠はマイナスだが少頭数及び距離的にさほど影響は出ないだろう。

◯  6 メイショウテンゲン

クラシック全走皆勤もいいところがなかったが、古馬相手に長距離では戦えている。

主戦の池添騎手から松山騎手に乗り替わるが、今まで通りのレースができれば上位進出。

△ 10 ユーキャンスマイル

昨年のダイヤモンドステークスの勝ちがあるものの中距離適正の方が高くあると感じる。

メンバー的に能力で上位に来る可能性があるため紐では抑えたい。

いしわたの予想

◎ 10 ユーキャンスマイル

前走G1制覇の最大のチャンスであったが馬場の適正が問われる一戦となってしまったのでノーカウント。

ベストは左回りだろうが本格化した今なら大丈夫だろう。

行き脚のつかなくなっているキセキなどが相手の今回はG1制覇のためにも負けるわけにはいかないだろう。

◯ 7  ボスジラ

高い長距離適正を垣間見せる形での3連勝それもその全てで上がり最速をマークとここにきて成長著しいのが同馬。

地味だが渋とくジリジリ伸びる競馬ぶりから大崩は考えにくく鞍上もこのレース最多勝の武豊騎手となれば馬券には必ず入れなければならない一頭だろう。

▲ 9  キセキ

帰国初戦となった有馬記念では後方から競馬進めそれでもキッチリ掲示板確保実績では頭1つ抜けているが明けて6歳。

3歳からG1の舞台で活躍してきた同馬だけに衰えの心配もあり更にここはあくまでも前哨戦。

抜けた一番人気になりそうな気配のなかであえて本命で買いたいと思えるほど材料は揃っていないとみた。

ということで、今回の予想は以上のようになりました。

競馬カテゴリの最新記事