大阪杯(G1)予想

大阪杯(G1)予想

こんにちは、みやっちです。

今回、予想するレースは、

「大阪杯(G1)」

になります。

大阪杯

・2020年4月5日

・G1

・芝

・2000メートル

出馬表

出馬順 馬名
ロードマイウェイ
サトノソルタス
ブラストワンピース
ワグネリアン
ラッキーライラック
レッドジェニアル
ステイフーリッシュ
ダノンキングリー
マカヒキ
10 ジナンボー
11 カデナ
12 クロノジェネシス

くわっちの予想

◎  8 ダノンキングリー

古馬になって初戦を問題なく獲った前走は完璧な走りを見せた同馬が本命。

昨年は使い分けのため天皇賞ではなくマイルCSに出走したが、私は中距離が適距離とみる。

輸送の不安も木曜日輸送でクリア。

横山騎手の久々のG1制覇に期待する。

◯  3 ブラストワンピース

昨年は1番人気での出走もいいとこなく掲示板外。

しかし、今年はひと叩きし状態はいい。

追い切りは馬なりでもしっかりと動いていた。

今年はいい走りが期待できるだろう。

▲ 4 ワグネリアン

今年初戦だが、昨年は安定した走りを見せた。

関西所属のため、追い切りには福永騎手を背にすることができた。

コロナウイルスの影響が多方面に出る中、通常の準備できたことはプラス。

△ 9 マカヒキ

7歳馬となったが馬体にはまだまだ若々しさがあると陣営も自信あり。

副賞までなら十分狙える。

いしわたの予想

◎ 12 クロノジェネシス

4歳になってからの充実ぶりには目を見張るものがある。

今年初戦の京都記念を完勝、その後もしっかりとここを目標に仕上げられており小回り2000mというベストの舞台で2個目のG1タイトル獲得は目前か。

◯ 5 ラッキーライラック

それだけがこの馬の変わり身の要素ではないのだろうが鞍上が代わってからの同馬は別馬のようである。

しっかりとキレる脚を使えるようになってきて脚質にも幅がでてきた。

前走を叩いて着実に良化しておりクロノジェネシスとの牝馬ワンツーがあっても全く驚かない。

▲ 3 ブラストワンピース

去年このレースは陣営も認める調整失敗でノーカウント。

海外帰り初戦のAJCCを難なく突破して凱旋門賞大敗のダメージはない。

実績は最上位の存在でG1でいまいち存在感を発揮できない鞍上がうまくエスコート出来れば先頭でゴール盤を駆け抜ける場面も。

△ 1 ロードマイウェイ

連敗の勢いそのままの挑んだ初重賞で大敗。

脚質に自在性がある馬で鞍上とも手が合いそう。

馬券には抑えておいて損のない馬だろう。

ということで、今回の予想は以上のようになりました。

競馬カテゴリの最新記事