優駿牝馬(G1)予想

優駿牝馬(G1)予想

こんにちは、みやっちです。

今回、予想するレースは、

「優駿牝馬(G1)

になります。

優駿牝馬

・2020年5月24日

・G1

・芝

・2400メートル

出馬表

出馬順 馬名
デゼル
クラヴァシュドール
アブレイズ
デアリングタクト
ホウオウピースフル
リアアメリア
ウインマイティー
スマイルカナ
インターミッション
10 ミヤマザクラ
11 リリーピュアハート
12 マジックキャッスル
13 ウーマンズハート
14 フィオリキアリ
15 チェーンオブラブ
16 ウインマリリン
17 マルターズディオサ
18 サンクテュエール

くわっちの予想

◎ 2 クラヴァシュドール

前走の桜花賞では3コーナーでの不利がありつつも、上がり3ハロンは勝ち馬に次ぐ2位だった。

惜しい順位が続くが、2歳時にはサリオスの2着もあり能力はある。

ハーツクライ産駒らしく距離延長と長い直線は好材料。

デムーロ騎手のオークス連覇にも期待。

◯ 11 リリーピュアハート

抽選を突破しての参戦。

前走は道悪に泣き3着となった。

ゆりかもめ賞での走りを見ると東京2400は理想のコース。

陣営もオークスへ照準を合わせての出走であり期待あり。

▲  1 デゼル

デビュー2戦目にして衝撃の走りを見せた。

キャリアは浅いがG1級のポテンシャルを示した。

少し人気しすぎではと陣営の不安もあるがG1制覇を狙う。

△  18 サンクテュエール

シンザン記念から直行した桜花賞では掲示板外だった。

しっかり好位を取りつつ回ればチャンスはある。

いしわたの予想

◎ 4 デアリングタクト

前走2、3着に逃げ馬が入るなか大外から驚愕の末脚でぶっこぬいたレースぶりには驚かされた。

今の東京はとにかく内枠、先行馬が止まらない馬場だが過去二冠を達成するような馬はこの時期恒例のこの不公平な馬場を克服してきた。

成長著しい松山ジョッキーとともに新たなスター誕生を期待したい。

◯ 2 クラヴァシュドール

◎が登場するまでは年始からオークスでの本命を決めていた馬
絶好の内枠も確保しチューリップ賞のように先行出来れば確実に争覇圏内に突入してくるだろう。

前走も明らかに走りずらそうにしながら掲示板に突っ込んできたようにとにかく堅実で条件の整いきった今回こそが◎を倒す最大のチャンスだ。

▲ 10 ミヤマザクラ

この馬には前走の1600という距離は短いと思う。

それでいてしっかり掲示板に乗ったというのは実力の証明。

2000メートルでのパフォーマンスの方が明らかに良いこの馬にとって距離延長は大歓迎。

乗り代わりとなるが武豊ジョッキーであれば何ら問題なしあとはクイーンカップのように先行して抜け出せれば。

△ 11 リリーピュアハート

東京2400の実績は素直にこの面子では強い推し要素となる。

福永ジョッキーもミヤマザクラがいるにもかかわらず抽選対象となるこの馬を選んだというところに勝負気配を感じる。

前に行く脚もあり前々から直線抜け出されば面白いことになりそうだ。

ということで、今回の予想は以上のようになりました。

競馬カテゴリの最新記事